Pages

2017年1月18日水曜日

Azureのコマンドについて(Azure CLI)

Azureには2種類のコマンドツールがあります。

・Azure PowerShell
・Azure CLI

PowerShellはWindows用。PowerShellなので色々コマンド連携できるのが良い。
Azure CLIはWindows,Linux,Macでも利用可能。

自分は個人的なPCがMacなので、Azure CLIでやっていることがほとんどです。
今回はAzure CLIでの紹介。

★Azureへのログイン
azure login

コマンド実行後、
https://aka.ms/devicelogin
へアクセスし、CLIに表示されたコードを入力しすると、ログインできる。

基本はWebのAzure Portalから操作するんですけど、一括実行などしたい場合はどう考えてもCLIの方が楽。
Portalの方は、操作すれば簡単なものなので、省略。

★VM一覧
azure vm list

VMの一覧が表示される。
tama64-MBP:~ tama64$ azure vm list
info:    Executing command vm list
+ Getting virtual machines                                                     
data:    ResourceGroupName  Name            ProvisioningState  PowerState      Location   Size          
data:    -----------------  --------------  -----------------  --------------  ---------  --------------
data:    RESOURCE           hoge-server01   Succeeded          VM deallocated  japaneast  Standard_F2   
data:    RESOURCE           hoge-server02   Succeeded          VM deallocated  japaneast  Standard_D3_v2

★VMサイズ変更
 azure vm set -g <リソースグループ名> --vm-size Standard_F1 -n <VM名>

Azureは仮想マシン停止時、サイズ(仮想マシンのスペック)を変更できます。
仮想マシンのサイズ一覧は以下の通り。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/virtual-machines-windows-sizes
CLIでも出力可能。

azure vm sizes -l japaneast
-lオプションを指定して、自分が展開したいロケーションで使用可能なVMサイズの一覧が表示されます。
上記でのjapaneastは東日本を指しています。




0 件のコメント:

コメントを投稿